Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

MS AccessとXojoの違いについて

Xojoを採用しようか悩んでいる企業の方から聞く質問の一つに「MS Accessと何が違うんですか」があります。確かにどちらもVBA(Xojoは風ですが)でアプリケーションを作れるという点は同じです。しかし幾つかの相違点があります。

f:id:moongift:20170511152644p:plain

MS Accessはデータベース、Xojoはプログラミング言語

MS Accessはデータベースアプリケーションを開発するための環境になります。そのためデータベースを使わないものでMS Accessを採用するという選択はほぼないでしょう。その代わりデータベースアプリケーションを開発する際には使いやすい機能が幾つも揃っています。

対するXojoは汎用的なプログラミング言語になります。特にデータベースに依らず、ファイルを操作するソフトウェアであったり、ネットワークを利用するソフトウェアも開発できます。データベースアプリケーション開発に用いることができますし、それ以外のソフトウェア開発でも利用できます。

XojoはWindows以外の環境でも利用できる

MS AccessWindows用のソフトウェアになります。MS OfficemacOS向けにも出ていますが、MS Accessはありません。社内にWindows以外のコンピュータを使っている方がいる場合、その人たちにはアプリケーションが提供できません。

XojoはWindows以外、macOSLinuxでも開発を行ったり、アプリケーションを提供できます。クロスプラットフォームに対応しており、WindowsmacOS向けに作ったり、macOSWindows向けにアプリケーションを作ることができます。コードは共通であり、それぞれのプラットフォーム向けにコードを書き換える必要はありません。

Xojoならデスクトップ以外にも

MS Accessで作れるのはWindows向けのデータベースアプリケーションのみです。Xojoはデスクトップアプリケーションの他、iOSやWeb、IoT向けのアプリケーションも開発できます。より適用範囲が広くなります。

テクニカルサポートの存在

MicrosoftはMS Accessの利用について、テクニカルサポートを提供していません。多くはフォーラムなどで質問するでしょう。フォーラムも公式ではなく、有志によるものです。そうしたフォーラムで解決できれば良いですが、できない場合は解決に多くの時間を費やすことになります。

Xojoではテクニカルサポートを提供しており、開発時に困ったらすぐに聞けるようになっています。サポートがあることで安心してXojo開発に専念できるようになります。


いずれのプログラミング環境、言語においても得手不得手があります。ごく単純なデータベースアプリケーションであればMS Accessで十分というケースは多いかと思います。しかしデータベースアプリケーション以外も開発するのであればXojoのが利点があるでしょう。

また、MS Accessは大抵のオフィス内のコンピュータにインストールされているとあって、はじめやすいプログラミング言語であると言えます。最初はVBAで慣れて、より本格的に作り込んでいく際にはXojoを使うというのも良い選択です。