Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

Xojoで作るWebアプリケーションの特徴

Xojoではデスクトップアプリケーションの他、WebアプリケーションやiOSアプリも開発できます。今回はその一つ、Webアプリケーション開発について紹介します。

デバッグブレークポイントが使えます

f:id:moongift:20170511152012p:plain

Xojoで開発するWebアプリケーションではデスクトップアプリケーション開発時と同様にブレークポイントを差し込んでデバッグできます。しかもデバッグするのはJavaScriptではなくXojoのコードになります。

これはどういった仕組みになっているのでしょうか。今回は例としてWebページ上でボタンを押すと、数字を足し算して結果を返すアプリケーションで紹介します。

すべてのデータをサーバに転送する

まずボタンを押した際には入力されているテキストボックスの情報、押したボタンのイベントをサーバに送信します。

f:id:moongift:20170511152021p:plain

サーバ側でイベント判定、計算処理の実行

サーバ側では押されたボタンの名前を使ってどのイベントが実行されたのかをキャッチします。

サーバ側で計算処理

そしてサーバ側で数字を足し算します。

結果をWebブラウザに転送

f:id:moongift:20170511152033p:plain

最後にWebブラウザに対して画面上のどの部分をどう更新するかを送信します。


つまりWebブラウザ側で行っているのは「入力された情報の送信」「受け取ったレスポンスに応じて画面を書き換え」だけになります。他はすべてサーバ側で処理を行っているので、ブレークポイントを差し込んだりするのも簡単にできます。

もちろんこうした仕組みができるのはXojoのUIコンポーネントを使っている場合のみになります。jQueryのUIコンポーネントなどを使っている場合はクライアントサイドだけで動作する形になりますし、XojoをWeb APIサーバとして使っている場合もこの限りではありません。

注意点としてはXojo側でUI変更について処理を行っているので、一連の処理が終わるまで画面上に情報が反映できないという点が挙げられます。例えば長時間処理される場合、「処理中です」といった文字を出したいと思うかも知れませんが、Xojoのコード上でラベルを書き換えてもすぐに反映されません。UI上の処理などはJavaScriptで行うのが良いでしょう。方法は面倒なWeb UIの操作はJavaScriptで行ってみましょう - Xojo日本語ブログを参照してください。

UI側の操作とロジックを完全に切り離すことでXojoではWebアプリケーションであっても従来と同じ方法でデバッグできるようになります。Web業務システムについてもぜひXojoを使って開発してください。