読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

シチズンデベロッパーにぴったりなローコードプラットフォームとは?

シチズンデベロッパー クラウド

開発者であればJavaや.NET、PHPRubyPerlPythonC/C++といったプログラミング言語を選択します。これらの言語は汎用的に使えますし、得手不得手はあるものの高度な実装も可能です。

しかしこれらの言語はシチズンデベロッパーにとっては敷居の高いものになります。ゼロから自分で作るというのは難しいものです。何より自分が実現したいのは業務の改善や自動化であって、プログラミング言語の学習ではないのです。

そこで注目されるのがローコードプラットフォームと呼ばれるシステムです。ローコードまたはノンコードプラットフォームなどと言われるジャンルのシステムで、少ないコード量で作りたいものが実現できます。

CMSを使ってスマートフォンアプリを開発

一つの例として、CMSによるスマートフォンアプリ開発サービスがあります。Webサービス上で項目を選択していくだけでiOSアプリやAndroidアプリが作れます。多くはジャンルに特化しており、飲食店向けであったり、カンファレンス向けと言ったカテゴリが存在します。

そのサービス例としてYappli(ヤプリ)があります。クーポンや電子書籍、ポイントカードなど飲食店やアパレル店舗に合わせた機能がコーディングなしで実装ができます。

ノンコードプラットフォームの場合、そもそもコーディングがサポートされていないことが多いです。そのため、テンプレートの範囲内で実現できることならば問題ありませんが、ちょっとカスタマイズしたいと言った要望には叶わないことがあります。

クラウドサービス×ローコーディング

最近では各種クラウドサービスでもローコーディング機能が実装されはじめています。クラウドサービスが殆どの機能を提供しますが、それだけでは物足りない、ほんの少し足りない機能をローコーディングプラットフォームが補います。

SalesforceApp CloudGoogleスプレッドシートのApps Script、G SuiteのApp MakerMicrosoft PowerAppsIBM BluemixのNode-Redなどが挙げられます。kintoneもそうです。これらのツールではビジュアル化されたモジュールを使い、ドラッグ&ドロップで組み合わせてアプリを作ったり、ちょっとした拡張をコーディングによって実現できます。

開発できるソフトウェアには多少の縛りが存在しますが、そのプラットフォーム上で使う分にはさほど問題にはならないでしょう。まさに昔からあるExcelのマクロのような存在です。

開発者でなくとも作れる手軽さ

ローコードプラットフォームは通常の開発者が使うにしては制限が強く、汎用的ではありません。もちろんFileMakerのカスタムアプリのようにクライアントに納品できるレベルの場合もありますが、それでもデータベース(FileMaker)という縛りが存在します。同様にForguncy(フォーガンシー)というソフトウェアもシチズンデベロッパー向けで、Webアプリケーションが簡単に作れますが、UIや機能面において縛りがあります。

ローコードプラットフォームでは利用者の多くがシチズンデベロッパーとなっています。業務担当者が自分たちのニーズに応じてアプリを開発します。そのため本格的、大型なものである必要はなく、ボタン一つ、アクション一つなどごく簡単なもので十分になります。

そのように業務改善、業務フローにおける強いニーズが存在し、それを素早く解決できるのがローコードプラットフォームに求められる要件と言えるでしょう。

習得コストの低さが肝

ローコードプラットフォームで大事になるのが習得コストの低さです。業務担当者などはプログラミング専門職ではありませんので、複雑なコーディング知識を前提とした開発環境を扱うのは無理があります。ビジュアル的であったり、デバッグが容易など分かりやすい作りになっている必要があります。

我々の提供するXojo(ゾージョー)GUI上で画面設計を行い、IDE上でコーディングを行います。エラーも分かりやすく、デバッグする際にもGUI上でデータを見ながら行えます。シチズンデベロッパーの方が多く使っていることからも習得コストは十分に低いと言えます。


ローコードプラットフォーム/ノンコーディングプラットフォームはシチズンデベロッパーにとって大きな武器になります。使いこなせば既存の業務を改善し、より生産性を高められるようになるでしょう。ぜひ自分たちの業務にあったサービス、プロダクトを選択してください。