読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

シチズンデベロッパーとXojoの相性が良い理由

シチズンデベロッパー 開発

前回、シチズンデベロッパーとは何なのかを紹介しました。そして、私たちのXojoはシチズンデベロッパーに注目しています。実際、本家のUSにおいてXojoユーザの4割近くがシチズンデベロッパーなのです。なぜシチズンデベロッパーがXojoを採用するのか、なぜXojoが向いているのかを紹介します。

手軽に使えるプログラミング言語は?

前回の記事で、シチズンデベロッパー向けのプログラミング言語として次の特徴を紹介しました。

  • 習得が容易であること
  • GUIを持ったツールが作れること
  • すぐに使えること

この特徴を考えた時に、多くのスクリプト言語PHP/Perl/Ruby/Pythonなど)は対象から外れるでしょう。コマンドプロンプトで動くソフトウェアは作れますが、UIがないのは利用者にとっては使い勝手が悪くなってしまいます。

Javaや.NET系のプログラミング言語を使えばGUIを持ったソフトウェアは作れますが、画面の設計が複雑であることや習得の容易性という点においては疑問符がつきます。どちらかと言えばプログラミング専門職向けのプログラミング言語と言えます。

そういった事情も踏まえてVBAを使うケースが多いかと思います。日本のオフィスにあるWindowsであればMS Officeは大抵入っていますのですぐに使えますし、MS Accessでフォームを作ればGUIをもったツールも作れます。VBA自体は習得の容易なプログラミング言語でしょう。

VBAが正解なのか?

MS Officeで使えるVBAを使ってツールを作るのが一番手軽なのでしょうか。場合によってはそうでしょう。例えばツールがターゲットにしている環境がWindowsであり、MS Officeと連携するものであるならばです。しかし、例えばMS Officeと全く関係のない「Webブラウザでとあるシステムにログインしてレポートをダウンロードして保存する」ツールを作る場合にはどうでしょうか。これをわざわざExcelファイルを開いてボタンを押すというのはイメージが沸きづらいでしょう。目的に合わせて最適な環境を考えるべきで、無理矢理やるのは理想的とは言えません。

また、動作する対象がWindowsだけでないことがあります。最近では企業内においてもmacOSを使う人が増えてきています。そうした人たちにツールを提供したいと思ってもVBAmacOS版のMS Officeでは動作しません。片手落ち感が否めないでしょう。

さらに最近ではスマートフォンに対応して欲しいと言われることもあります。スマートフォンアプリというと敷居が一気に高くなってしまった気もしますが、単にアプリにボタンが一つあって押すだけで出社と退社が切り替えられるようにしたり、社内の顧客データベースから情報を取り出すだけのアプリなら開発を依頼するほどでもなさそうです。しかし、これらもVBAではできません。

Xojoはシチズンデベロッパーをサポートします

そこで私たちの提供するXojoがあります。言語体系はVBAに似ており習得が容易なこと、GUIを持ったアプリケーションが簡単に作れること、デスクトップからスマートフォン、Webまで幅広く、かつWindows/macOS/Linux/iOSマルチプラットフォームに対応できるのがポイントです。まさにシチズンデベロッパー向けのプログラミング環境といえます。

XojoはXojo IDEという統合開発環境を使って開発します。画面の設計はあらかじめ用意されているコントロールからドラッグ&ドロップするだけで簡単にできあがります。複雑な操作やプログラミングコードで画面を細かく指定したりする必要もありません。画面ができてしまえば、後はボタンを押したり値を選択したタイミングでイベント処理を作っていくだけです。とても簡単です。

もちろん、Xojoはシチズンデベロッパーだけでなく本格的にシステム・サービス開発を行っていく方々も数多く使ってもらっています。しかしプログラミング専門職でない方にも容易に習得し、すぐに業務担当者が必要としているものを提供できるようになります。

シチズンデベロッパーの中にはそのままプログラミングの幅が広がり、大きなシステムを構築するようになるケースもあります。その際に言語を改めて覚え直すのは面倒なことこの上ありません。Xojoであればそうした心配は無用で、Xojoだけでそのまま大きなシステムまで構築できるようになります。新しい言語を覚えるのに使うであろう時間、労力、コストをすべて「すぐに使ってもらえるシステム」を作るために使えるようになるのです。

Xojoは実行ファイルをビルドする際にはライセンスが必要になりますが、Xojoをインストールしたマシンでデバッグ実行するだけであれば無料でできます。Xojoをダウンロードし、自分たちの問題がどれだけ簡単に解決できるか、ぜひ試してみてください。

Xojo(ゾージョー)仕事に。研究に。”使える”アプリを瞬速×クロス開発|グレープシティ株式会社