読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

Visual Studio for MacによってXojoはどうなるか?

先日、Microsoft社がVisual Studio for Macをプレビューリリースしました。統合開発環境として強いブランド力を持つVisual Studio初のmacOS版です。

それによってXojoがどんな影響を受けるか、今後の市場がどうなっていくのかをXojo CEOのGeoff自らIs Microsoft bringing Visual Studio to the Mac? – Xojo Blogとして記事にしています。今回はそれを意訳して紹介します。

It is likely that later this week, Microsoft will be announcing Visual Studio for Mac. Is this really true? Why would they do this? What does it mean for Xojo users?

今週末、マイクロソフト社がVisual Studio for Macのリリースをアナウンスしました。本当でしょうか?彼らの目的、そしてXojoユーザにとって何を意味するでしょうか?

Earlier this year, Microsoft acquired the mobile development tools company Xamarin who had their own IDE which runs on Mac and Windows. Microsoft is going to be shipping that IDE branded as Visual Studio for Mac. So while there will be a product from Microsoft called Visual Studio for Mac, it’s not really Visual Studio.

今年のはじめ、マイクロソフト社はモバイル開発ツールを提供するXamarinを買収しました。彼らのIDEWindows/macOS両方で動作するものです。マイクロソフト社はこれをVisual Studio for Mac とリブランディングして提供しています。つまり元々のVisual StudiomacOS向けに展開したものではありません。

Visual Studio for Mac (formerly Xamarin) is focused mostly on mobile development. For example, there’s no cross-platform drag and drop support for desktop user interface nor do I expect there will be as Microsoft has no shortage of software available for Windows. It uses C# and F# and is aimed at the professional developer, not the citizen developer for whom Xojo is primarily designed. Xojo, on the other hand, is for much more than mobile development. Xojo gives users an easy to use drag and drop interface designer with a simple, modernized BASIC syntax that builds applications for macOS, Windows, Linux, the web, iOS, Raspberry Pi and many other ARMv7-based devices. The web is one platform Xojo supports that is worth calling out since unlike ASP from Microsoft, building web applications with Xojo requires no knowledge of HTML, CSS, Javascript, AJAX, and PHP. With Xojo, building web apps is nearly identical to building desktop or mobile apps.

Visual Studio for Mac(元Xamarin)はモバイル開発にフォーカスしています。例えばデスクトップアプリを作る際のドラッグ&ドロップでのUI作成ができません。また、C#またはF#のみを提供しており、Xojoが対象としているシチズンデベロッパー(訳注:プログラマーでなく、ちょっとしたツールの開発も行う業務担当者など)より高度な開発者をターゲットにしています。一方、Xojoはモバイル開発のみではありません。Xojoはシンプルかつ今風のBasic構文を使い、使いやすいドラッグ&ドロップによる画面設計を提供します。ターゲットもmacOSWindowsLinux、Web、iOSRaspberry Pi(さらに他のARMv7ベースのデバイス)、CLIと幅広くアプリケーションが構築できます。XojoによるWeb開発においてもマイクロソフト社のASPとは異なり、HTMLやCSSJavaScriptAjaxさらにPHPといった知識は必要としません。Webシステムもデスクトップやモバイルアプリと同じやり方で開発できます。

Why would Microsoft want to convert Xamarin into Visual Basic for Mac? While Microsoft is the 800-pound gorilla in terms of desktop market share, they are in a very distant third place on mobile. Their goal in buying Xamarin and marketing the Xamarin IDE as Visual Studio for Mac is to get developers building their mobile apps for iOS and Android in C# to make it as easy as possible to then port those apps to Windows 10 Mobile. Their ultimate goal is to make more apps available for the relatively anemic Microsoft mobile platform.

なぜマイクロソフト社がXamarinをVisual Studio for Macにしたかったのでしょうか(訳注:Visual BasicとなっていますがVisual Studioのタイポと思われます)。なぜならマイクロソフト社は巨大なデスクトップマーケットシェアを握っていますが、モバイルでは第3位になっているからです。彼らのXamarinを買収とVisual Studio for Mac提供の目的は開発者がiOSAndroidアプリをC#を使って開発し、さらにそれをWindows 10バイルにポーティングして欲しいということです。彼らの最終目標は現状は弱いMicrosoftバイルプラットフォームに対してアプリの数を増やすことでしょう。

For Xojo users, this doesn’t really mean much. While 25% of our users are full-time professional developers, most started as citizen developers and they are our primary focus as they make up 50% of our users. Having said that, our goal has always been to make Xojo easy for those learning programming for the first time, hobbyists, citizen developer and professionals. We will continue in our quest to make Xojo a tool that someone can use at any stage of their interest in software development.

Xojoユーザにとって、これは大した意味がありません。Xojoユーザの25%はフルタイムのプログラマーですが、半分は個人やシチズンデベロッパーです。Xojoはプログラミング初学者、趣味のプログラマー、一般開発者にとって使いやすい言語であることです。開発のあらゆるステージにおいて常にXojoを使い続けてもらえるようになるのが目標です。

Lastly, reporters enjoy hearing from those that use a particular product or service they write about. If you read stories about Visual Studio for Mac, please write to the reporter and let them know about Xojo. The more people who talk about Xojo, the more likely we are to grow the Xojo community.

最後に、記者は実際に製品であったり、サービスを使っている人の話を好みます。もしあなたがVisual Studio for Macに関する記事を読んだならば、Xojoについても教えてあげてください。Xojoについて語られる機会が増えれば、それだけコミュニティの成長が加速するでしょう。


現状のVisual Studio for Macについて言えば、WindowsVisual Studioとは別物となっています。C#を使ってきた方であれば、Visual Studio for Macを使ってiOSアプリを構築するのは良いと思いますが、macOS用開発であったり、Web開発には向かないでしょう。あくまでもiOS/Androidなどモバイル開発向きと考えるのが良さそうです。

Xojoは言語体系がそもそも異なります。画面を作成するのも手軽です。この手軽さ、習得の容易さこそがXojoの魅力であり、Visual Studio for Macと異なる部分になるのではないでしょうか。