読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

XojoでiOS開発を行うメリット

XojoはiOSアプリの開発もできます。一般的にiOSアプリの開発はmacOSXcodeなどを使ってSwift/Objective-Cを使って行いますが、XojoであればWebやデスクトップ開発と同じプログラミング言語で開発できます。

今回はXojoでiOS開発を行うメリットについて紹介します。

f:id:moongift:20161108004922p:plain

Xojo一つで開発できる!

一番のポイントはなんと言ってもXojoで開発できるということです。すでにXojoの言語体系を理解していれば、すぐにでもアプリ開発に乗り出すことができます。例えばJavaScriptを知っている場合、React Nativeを使えばiOS/Androidアプリ開発をはじめられるのですが、その際にはReactの作法やJSXという独特のタグ機構について学ぶ必要があります。フレームワークの作法についても知らなければならないのです。

Xojoの場合、Xojoの作法そのままでiOSアプリが開発できます。この利点はとても大きく、Web開発者やデスクトップ、コンソールアプリ開発者がすぐにアプリ開発をはじめられるのです。システム開発会社であれば、これまでWebシステムを開発してきたナレッジをそのままスマートフォンアプリ開発で活かせるのです。

アプリのビルドまでXojoで実行

代替言語を使ってiOSアプリを開発する技術は他にも幾つかありますが、多くはObjective-CやSwiftのコードを吐き出して終了という形になっています。後はxcodebuildコマンドを使ってビルドを行っています。その場合、xcodebuild上の処理でエラーが出ると、その原因究明が困難になります。

f:id:moongift:20161108005157p:plain

Xojoの場合、Xojo IDEでビルドまで行っています。エラーがあればそれはXojo IDE上ですぐに分かりますので修正も容易です。iOSシミュレータを使ってデバッグする際にもブレークポイントはXojo IDE上で設定可能です。開発、テスト、デバッグまですべてXojoで完結します。

素早く画面を作ってトライ&エラーできる

Xojoの魅力は簡単に動きの確認できるモックアップを作り、試しながら開発を進められる点にあります。スマートフォンアプリはまだ開発の歴史が浅く、要望と実際の動きとがかみ合わないこともよくあります。

それを防ぐ最適な方法はまず動くものありきで進めていくことです。Xojoでは顧客の要望に合わせて画面を作成し、動きを確かめながら要求定義を詰められます。

クラスやロジックが再利用できる

これまでデスクトップやWeb開発向けに蓄積されてきた便利なクラス、ロジックがそのままスマートフォンアプリの中で利用できます(Declareなどを使っていると困難ですが)。デスクトップ、Webなどでナレッジが分離してしまうことがありません。

例えばデスクトップで使っていたサーバとの通信ロジック、機能がそのままiOSアプリ上でも動かせます。プラットフォームの違いを意識しなくても大丈夫です。それらはXojoが吸収します。

開発手法はもちろん、ロジックまで再利用できるとなれば開発をはじめる敷居が大いに下がるのではないでしょうか。

OSのバージョンアップにも対応できる

iOSアプリ開発において問題視されるのが通年のバージョンアップです。その度に追加される新しいAPIに対応しなければならなかったり、Swiftのように毎年のようにバージョンアップされる中で言語体系が変化するのにも追従する必要があります。コンシューマ向けのアプリであればバージョンアップも必須でしょうが、B2Bアプリなどは毎年の更新予算が下りづらいケースも少なくありません。

Xojoで開発しておけば、最新OSへの対応はXojoが行う部分になります。既存のコードについてはよほどのことがない限り、そのまま最新OSに対応できます。

将来的にAndroidにも!

Xojoは2016年現在ではAndroid開発には対応していませんが、2017年中に対応予定となっています。共通のコードがそのまま動くとは思いませんが、これもデスクトップなどと同じようにクラスやロジックは共有できるはずです。今の時点からiOSアプリを開発しておくことで、Android対応した際に素早くAndroid版がリリースできるようになるでしょう。


これまでWebシステムやデスクトップアプリケーション開発をメインで行ってきたシステム開発会社であっても、顧客ニーズがアプリ開発へ移行してきているという話は良く聞かれます。そんな時に改めて体制をアプリ開発向けに作り直すというのは容易ではありません。

XojoであればXojo開発者がWebもデスクトップアプリケーション、そしてiOSアプリ開発までこなせます。さらに将来的にAndroidアプリ開発まで行えるようになるのです。ぜひXojoを使ってiOSアプリ開発にチャレンジしてみてください。