読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

Visual BasicとXojoの違いは?

Xojoを紹介する際によく取り上げるのがVBやVBAといったプログラミング言語です。Xojoは元々RealBasicだったこともあって、言語体系は非常によく似ています。しかしVBの最後のリリースが98年であり、そこから20年近くたってXojoはさらに進化しています。 今回…

XojoのWebアプリケーションにスタイルシートを当てるには?

XojoでWebアプリケーションを作っていて、フォントや文字サイズなどを細かく調整したいと思うことは多々あるでしょう。そんな時、通常のWebシステムであればスタイルシートを使って指定するかと思います。 今回はXojoの中でスタイルシートを指定する、Webス…

ノンプログラマーでもできる。たった2行のTwitterクライアント

Webサービスの利点として、Webブラウザさえあればアクセスできる容易さが挙げられます。しかし、Webブラウザは時々再起動したくなることがあり、その度にWebサービスの利用も中断しなければなりません。また、他のWebサービスも使うため、セキュリティを気に…

プログラミング教材としての視点から見るXojoの利点

2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化が検討されています。今後、IT系人材が不足すると言われており、早期プログラミング学習を通じて人材育成が進めることが求められています。 小学生向けのプログラミング学習に利用されるプラットフォームとし…

デスクトップ用Xojoアプリの中でHTTPサーバを立てる

デスクトップアプリケーションの中には他のアプリケーションから操作したいと思うものがあります。よくあるケースとしてはExcelやAccessなどのオフィスツールです。そうしたソフトウェアではAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を提供して…

Swift/Java/Objective-C以外のスマートフォン開発言語について

iOS/Androidアプリを開発する際には専用の言語を使うのが一般的です。つまりiOSであればSwiftやObjective-C、AndroidであればJavaを使ってアプリを開発します。 しかし世の中には多くの代替言語、代替手法が存在します。Xojoもその一つです。今回はそんな技…

Visual Studio for MacによってXojoはどうなるか?

先日、Microsoft社がVisual Studio for Macをプレビューリリースしました。統合開発環境として強いブランド力を持つVisual Studio初のmacOS版です。 それによってXojoがどんな影響を受けるか、今後の市場がどうなっていくのかをXojo CEOのGeoff自らIs Micros…

XojoでWebシステム開発を行うメリットとは?

Xojoはデスクトップアプリケーションはもちろん、コンソールアプリケーション開発も行います。さらにWebシステムやスマートフォンアプリ(iOS)までこなせる多彩な言語です。 今回はXojoを使ってWebシステムを開発するメリットについて紹介します。 サーバサ…

XojoでiOS開発を行うメリット

XojoはiOSアプリの開発もできます。一般的にiOSアプリの開発はmacOSでXcodeなどを使ってSwift/Objective-Cを使って行いますが、XojoであればWebやデスクトップ開発と同じプログラミング言語で開発できます。 今回はXojoでiOS開発を行うメリットについて紹介…

Xojoを使えばシステム開発が高速化します

システム開発は幾つかのステップに分かれて行われます。大分すると次のようになるでしょう。 要求定義 基本設計 詳細設計 開発 テスト リリース 最近ではアジャイル開発が人気ですが、2(の一部)〜6までが繰り返される形なので基本的には変わりません。 こ…