読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xojo日本語ブログ

マルチプラットフォーム対応アプリが開発できるXojoのブログです。

ノンプログラマーでもできる。たった2行のTwitterクライアント

Webサービスの利点として、Webブラウザさえあればアクセスできる容易さが挙げられます。しかし、Webブラウザは時々再起動したくなることがあり、その度にWebサービスの利用も中断しなければなりません。また、他のWebサービスも使うため、セキュリティを気に…

iOSアプリでタブバーを表示する

Xojoを使えばiOSアプリも開発できます。今回はまずタブバーを表示する方法を紹介します。 画像を登録する まずタブバーで表示する画像を用意します。オンライン上には多くのフリーアイコン配布サイトがあります。例えば iOS 9 Icon Pack - Download 7,800 Fr…

Xojoでユニットテストを行う方法

プロダクトの品質を高めるためにテストは欠かせません。テスト手法は幾つかありますが、クラスなどの動作を保証する際にはユニットテストが多く用いられています。 今回はXojoでユニットテストを導入する方法を紹介します。 サンプルアプリケーションから取…

XojoでURLエンコードをするには?

HTTPSecureSocketやHTTPSocketを使ってHTTP/HTTPSアクセスを行う際にはクエリ文字列をエンコードしておく必要があります。その際に使うのがEncodeURLComponentです。 Dim s as String s=EncodeURLComponent("www.Bob&Ray.com") //returns "www.bob%26ray.com…

HTTPSecureSocket/HTTPSocketのGET/POST時の返り値について

HTTPSecureSocket/HTTPSocketを使うとGET/POSTが簡単にできます。この時、引数の与え方によって返り値が複数パターンあります。以下はHTTPSecureSocketのGETで書いていますが、HTTPSocketやPOSTも同様です。 非同期で受け取りたい場合 HTTPアクセスをしてい…

HTMLViewerで表示されているURLを取得する

HTMLViewerはHTMLコンテンツを簡単に表示できる便利なライブラリなのですが、その中でブラウジングしていたり、リダイレクトしたりすると表示されているURLが分からなくなります。 HTMLViewerのプロパティにURLがあれば良いのですが、それもないのでURLを使…

XojoアプリでカスタムURLスキーマを使う方法(Mac OSX編)

カスタムURLスキーマというのは xojo://〜 と言ったURLでアプリケーションを起動できる仕組みです。iOSアプリ間におけるデータ連係などでよく使われています。 今回はそれをMac OSXアプリで実装する方法を紹介します。 新しいプロジェクトを作成する この時…

XojoをWebアプリケーションとして実行する際の2つの方法

XojoはGUI/CUIアプリケーションはもちろん、Webアプリケーションも開発できます。開発したWebアプリケーションを動作させる方法は2種類あります。 1. CGIとして動作させる 一つはCGIアプリケーションとして動作させる方法です。これは アプリケーションのバ…

Xojoのリストボックスを使う

Xojoライブラリの一つ、リストボックスはテーブルのようにデータを一覧表示するのに使えます。今回はその初期設定について紹介します。 ライブラリから追加する まず画面への配置はライブラリからListBoxをドラッグ&ドロップで追加します。 デフォルトではこ…

Xojo × Raspberry Piでの開発を楽に行うテクニック

XojoはRaspberry Pi向けのビルドにも対応しています。Raspberry Piといえば、小型PCの一つでRasbianというDebianベースのOSが動きます(他のOSも出ています)。しかし現状、XojoのRaspberry Pi向けにはデバッグビルド機能がなく、ブレークポイントを差し込ん…

XojoでEndとEnd If、どちらがオススメか

Xojoは外部のプログラミング言語から良いところを取り込んで成長してきました。そのため、様々な書き方ができます。例えばコメントも、 ' コメント // コメント REM コメント のいずれも使えます。 'を使ったコメントはVBA風、//はJavaScriptなど、REMはBasi…

Xojoでの共有メソッド、クラスメソッドの使い方

JavaやRuby、Pythonなどで言うところのスタティックメソッド、クラスメソッドと呼ばれる機能はXojoでは共有メソッドと呼ばれます。共有メソッドを定義することで、クラスをインスタンス化しなくともメソッドが呼び出せるようになります。 共有メソッドと通常…

重たい処理はスレッド&コールバックを使いましょう

XojoでWebアプリケーションを開発すると分かるのですが、JavaScript側では殆ど処理は行っていません。データをサーバサイドに送り、サーバ側で処理を行った結果をWebブラウザに返却します。その結果を受け取り、UIの更新を行うのがクライアントサイドの役割…